月: 2023年9月

通信ケーブルに銅被覆鋼を使用する利点

電気通信業界では、通信ケーブルの製造に複合材料である銅張鋼板 (CCS) が広く利用されています。銅と鋼の組み合わせにより、この用途に理想的な材料となる独特の特性が得られます。 CCS の銅層は優れた導電性を提供します。これは、データ信号を長時間にわたって効率的に伝送するために不可欠です。 続きを読む

送電線および電気用途向けの 7 ストランドおよび 19 ストランド銅被覆鋼線

銅被覆鋼は、その強度と耐久性により、送電線の建設によく選ばれています。この目的に使用される銅被覆鋼線の 2 つの一般的なタイプは、7 ストランド ワイヤと 19 ストランド ワイヤです。メーカーは、7 本の小さな銅被覆鋼線を撚り合わせて 7 ストランド ワイヤを作成します。この設計により、柔軟性と強度が向上し、… 続きを読む

銅被覆鋼: 多用途でコスト効率の高い複合材料

メーカーは、鋼のコアを銅の層でコーティングすることにより、銅被覆鋼を製造します。電気業界では、特性の独自の組み合わせにより、このタイプの材料が一般的に使用されます。銅被覆鋼の主な利点の 1 つは、その高い導電性です。銅は最も導電性の高い金属の 1 つです。スチールコアをコーティング… 続きを読む

接地における銅クラッド鋼線の応用

一般に銅被覆鋼線 (CCS) は接地などのさまざまな用途に使用されます。この記事では、さまざまな方法で CCS ワイヤを接地目的に使用する方法について説明します。 CCS ワイヤは電気回路のアース線としてよく使用されます。これは、スチールコアが優れた強度と導電性を提供し、銅コーティングが優れているためです。 続きを読む

銅クラッド鋼の開発

銅張鋼板 (CCS) は、数十年にわたって通信業界で人気のある材料です。銅と鋼を組み合わせることで、強度と導電性を兼ね備えた素材が生まれます。しかし、近年の銅被覆アルミニウム(CCA)の開発により、市場を占拠する恐れが出てきました。この競争にもかかわらず、CCS に対する需要は… 続きを読む

jaJapanese