GENERAL CLADは、ワイヤーおよびケーブル業界向けに革新的な40H銅被覆アルミニウムワイヤー材料を開発しました。

[vc_row][vc_column][vc_column_text]According to ASTM-B566 standard, there are only two types of copper clad aluminum available which are 10% copper volume and 15% copper volume. Both are widely used in wire & cable industry all over the world and replace copper in many applications. While, as the maximum conductivity offered by the current 10% and 15% CCA is only 1/3 of copper, lots of high quality cables could not able to use CCA as the conductor.

General Cladは、密度がわずか5.23 g / cmの場合に、82%IACS導電率と280Mpaの引張強度を提供する40%銅体積の特殊銅被覆アルミニウム線の開発に成功しました。3 これは銅の58.76%だけです。

この新しいCCA材料を使用すると、General Cladは、ケーブルの機械的性能が同じである場合に、純銅と比較して、クライアントが現在のコストを少なくとも30%節約できるようにします。

詳細については、ここをクリックして営業チームにお問い合わせください。[/vc_column_text][vc_column][/vc_row][vc_row]。

jaJapanese