GENERAL CLADは、ワイヤーおよびケーブル業界向けに革新的な40H銅被覆アルミニウムワイヤー材料を開発しました。

ASTM-B566規格によると、利用可能な銅被覆アルミニウムには、10%銅ボリュームと15%銅ボリュームの2種類しかありません。どちらも世界中のワイヤーおよびケーブル業界で広く使用されており、多くのアプリケーションで銅に取って代わります。現在の10%および15Aが提供する最大導電率は銅の1/3しかないため、多くの高品質ケーブルではCCAを導体として使用できませんでした。

General Cladは、密度がわずか5.23 g / cmの場合に、82%IACS導電率と280Mpaの引張強度を提供する40%銅体積の特殊銅被覆アルミニウム線の開発に成功しました。3 これは銅の58.76%だけです。

この新しいCCA材料を使用すると、General Cladは、ケーブルの機械的性能が同じである場合に、純銅と比較して、クライアントが現在のコストを少なくとも30%節約できるようにします。

詳細については、ここをクリックして営業チームにお問い合わせください。

jaJapanese